Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

うまいへた。

歌唱力って・・なに?

 

っていうのも、感情を入れて歌わないことで

聞く側に想像力を働かせる・・って

歌手ってすごいなあ。。

 

確かに、感情こめて歌われたら

鬱陶しくなるおじさん、いるよね?

たとえば、お墓の前系とか、マイウェイとか、天城越えとか・・・

 

そういや、昔、

天城越え」を、彼氏ともめてる友達に、こっち見て歌われた時

どうしようかと思ったことあるわーー。

 

だから、やっぱり歌手ってすごいね。

 

感情いれるってことと、

憑依したよう、というのはまた違う。

 

ってこととで、

彼らの歌について、誰にも頼まれてないけど検証してみた。

 

120点じゃないかしら?

満点以上だと、私は思います。

 

歌詞の意味なんて、あんまりわかんないけど・・

深い意味なんて、あれだけど・・

疾走感ーー!!

とにかく、フォーメーションで精いっぱいだよ僕たち!

だからって、手を抜いて歌ってるわけじゃないんだよー僕たち!

かけひきなんて、全くないよー!

新曲出たよ!聞いてね!!

 

って、

最強じゃないかしら??

 まあ、こんなにバカっぽいってわけでもないですけど。

彼らは常に、真剣で、何一つ、手を抜いてませんからね。

 

たまに、シリアスに歌い上げたとしても

やっぱり、素直さが先に出る彼らって

最強だわーー。

 

ほらどうだ!うまいだろ??

ビブラート、どうだ?

個人レッスンの成果出てる??

なんて無意味な世界観。

そんなの、いらない。

 

歌手は、聞く側にいろんな想像させてナンボなのよ!!

 

プロが、「歌える」っていう時、

聞く側がいてこそ初めて成立するんだと

気づきました。