Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

ヘルメル

東京千秋楽のヘルメルをみてきました。

内容は古典ものなので、

ちょっと苦手ではありましたけども

あっくんが、とにかくカッコよかった。

 

貴族風の衣装は、

さすが!似合う。

あの紐…襟のあたりにある紐…

揺れるたび、

何か懐かしい気持ちになりました。

舞台と客席を往来する場面では、

後頭部から聞こえるあっくんの声に、

 

あっくんに話しかけられたらこんなんか!?

 

と、錯覚を起こすほどの距離で

後ろを振り向くか悩んだ末に、

意を決して、

首をひねってガッツリ見ましたよ。

ええ。

だって、もう二度と、こんなこともないかもって思ったから。

そしたら、私のすぐ後ろの方は、

前を向いたままだったので

私のアホヅラを見られてるんだなぁと思いつつ

頑張って見ました。→え?

それでも構わないと、思った。→え?

 

また、芝居の中では、

あっくんがよく顔を向ける側の席だったので、

傾けるあっくんの顔の美しさ

怒ってる顔、悲しそうな顔、〇〇な顔に

わぁ、やっぱめちゃ整ってあるなぁと

感心しきりでございました。

 

顔の話ししか、してないけど。

ほぼ、それしか見てないかも。

 

ストーリーも追ってはいるものの

好みの衣装と、好みの髪型と、あの顔で

私はそれどころじゃなかったのが本当のところです。

あっくんは、コスプレより

そのままが1番いいと思います!

 

しかし、前方だからなのか?

劇的に寒くて、何かスースーして

膝掛け羽織と、

寒さとの闘いもあり、震えながら見ておりました。

周りの方はそうでもないのか

私が冷え性なのか、

赤い下着でもつけてくれば多少違ったのか?

→赤い下着ってやっぱ温かいらしいよ。

 

東京千秋楽日だったので

カーテンコールでコメントがあり、

お兄さんらしく仕切るあっくんに

ちょっと遠いところにいってるー!

って思ったけど

それは兄さんとか、かーくんのの役割だろ!?

→何かと間違えている。

 

今回のあっくんの雰囲気は、

他のキャストの方とも気持ちも合っていて

穏やかでよかったです。

出来るだけキャストさんに話を振ったり、

きいちゃんを真ん中に!という

礼儀正しさや、

気遣いの人の部分も垣間見え

あ、ほんと、

今日のあっくん最高だなあ、と思いました。

きいちゃんに優しくしてたけど

ハイタッチをしても、

私はちっとも嫉妬心も出なかったくらい

なんて言うんだろ、

素晴らしく『あっくんらしい大人っぽさ』で

ええ子やなぁ、と思いました。

→上から!?

 

そのまま、兄さんの舞台に駆けつけるため

飛行機に飛び乗りましたけど

機内では、あっくんの〇〇を反芻し

楽しいひと時を過ごしました。

 

やっぱり、ええね、

活動するって、素敵だわ。