Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

解釈

歌詞の解釈をするのが好きな私は

録画していたビデオを見ていて

思った。

 

別に、自分の解釈が絶対そうだとは思ってはいないけど

へえーーー!そんな解釈あるんだ!って。

誰かの解釈を聞くのは楽しいなあって思った。

 

ユーミンの「白い服、 白い靴」っていう歌なんだけど。

 

ざっくりいうと、

元彼にたまたま地下鉄で会って

懐かしくてちょっと盛り上がって話してたら

来週、会おうよ、ってことになった。

で、その時にきて行く服を何度も選び、

白い服と白い靴を選んだ。

 

でも、当日、

目が覚めたら土砂降りの雨だった。

黙って、服をたたんで、

予定ができた、ってその元彼に電話して、会わなかったっていうお話。

 

私はその心理をなんとなく、雨が降っていたってことで

我に帰ったというか、

服を選ぶまでが一番楽しい瞬間で、

会ってしまっても、後悔するかもしれない・・

なんだか、気だるさも手伝って、

やっぱり会わないでおこう、って思った?と、

長らく思っていたんだけど

 

テレビでは、

雨で、白い服を汚したくない、

今は彼氏がいるし、

雨の中、そこまでして会おうって男じゃなくなったって思った、

という解釈もあって、びっくりした。

 

あ〜〜〜そゆうこともあるんだ!って。

 

 

光GENJIの歌は、

もう解釈さえできないとこにあるし

そのまま受け取ることも多くて

しゃかりきコロンブス」とか、咀嚼しても意味ないし

それはそのままでいいんだ、って思っている。

「THE WINDY」なんて、もう誰が歌えるの?って思うし。

 WINDYって何だよなんて愚問だし。

 

たまに、自分の都合のいいように解釈する歌はあっても

基本的に、メインは7人の彼らだから。

 

彼らに、あまりにストーリー性のある楽曲は、必要ないし

彼らそのものが、いてくれるだけで良いので

存在そのものが、無色透明感であるんだけどね。

そういった意味では、

アイドルの歌を作るって本当に難しよね。

 

でもそれが何もかも、マッチングしていたのは

光GENJIなんだろうな、とは思う。

誰が再現しても、無理なもんは無理なんだよ。

って、やっぱり思うな。うん。

 

誰かの解釈を見聞きしたり、

いや、そんなに咀嚼しないよ、っていうこと自体も

すごく面白い。

 

同じものを好きだったり

見たり聞いたりしても

それぞれに感じるって

面白いよね。

 

なんだか、アツヒロちっくになってきた。

思いの外、今日は春より暑くて

ちょっとつぶやきたくなりました。

 

じゃ!!→何しにきた??