Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

鍵っ子

「すぐにまた、淋しくなるけど…」

 

Aっくんが久しぶりにポエム。

 

淋しくなる…私は個人的には寂しいの文字の方が好きだが…

→どーでもいい。

 

彼は夏から、いやもっと前から?

宝箱の鍵をかける暇なく、

光GENJIと共に暮らしている。

 

だ、大丈夫なのか??と思ってはいたが

大丈夫なんだろう。

下手すりゃ私の方があっさりしてるかもだ。

 

すぐに淋しくなって、

記憶の宝物を取り出してって、

言葉にできること

素直で、率直だよなぁ。

末っ子長男ってこともあるのだろう。

私はこーゆー感じがなかなか、

さらっと言えないから

言える人が、うらやましい。

 

ちょっと言ってみようかな…

 

寂しいんだけど。

……

……

無理だわー。

やっぱり無理だ。

だって言いだしたら、

すごく、わがままだと思うし。

だから黙って悶々として

突然、バッサリ。→は??

 

でも、「すぐに淋しくなる」って、

名言だと思うわ。

詩を書く才能、あるよね。

だって、すぐに、すぐなんだよ!

 

鍵っ子は…

このくらいがちょうどいいのかも。

チェーンまでかけられるより

鍵しめる暇ない方が、

「見守り隊」としては、

安心する。→は???

 

ところで、

ミキティ、合鍵まで渡しちゃだめだよ!

→渡してません。

 

差が激しいのが光GENJIです。たぶん。