Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

さよならは言わない。

正しいファン道というものがあるならば

きっと私は邪(蛇?)道なのか?

 

『正しい夏休みの過ごし方』というのを

昔は、よく計画させられたけど

その通りに過ごせた日など

1日もなかった記憶。

 計画通りに夏を過ごさなくても、

大人になれるよ。→良い子は真似しないでね。

 

そして、その頃から好きなものってのは

基本的に変わることなく、

基本的に頑固な大人になったわ。

 昔は情報源が雑誌、テレビ、ラジオというツールしかなかったから

そりゃもう、お目当の光GENJI

一言一句で、嬉しくなってたなあ。

レコードだって持ってるのに

ラジオでリクエスト1位になってかかると

なぜか誇らしい。

録音ラジオの前で、悶えてた自分を思い出す。

想像力がたくましくなったのは

光GENJIのせいだわ。

 

今はwebというツールがあるから

毎日更新の、兄の声も聞けるし!

→これは本当に画期的なこと!

 

他のメンバーだってテレビに出て来たりする…

テレビどころか、

かーくん、AmebaTV出てたよね。

 

AmebaTVってどーやって見るの?」

って思ったアラフォー手を挙げてー!

はぁーーい!!

アラフォーは、まだまだ勉強中、青春中です。

 

かーくんありがと!

また1つ、大人になりました。

→もう十分大人や。

 

今は、

思い出と共に、不確かな記憶を

動画サイトで、細かな部分も確認することもできる。

そんな時、

私のファン道ってのは、正解なのか?と思った。

 

光GENJIを大好きなことは間違いないんだけれど、

この頃は、なんだか

本当に好きだってことから、

ちょっとずつ、ずれてやしないかと、

足元を見ることがある。

で不安になりつつ

原点の曲たちを聞いては、

何かを、どこかでストンと落ち着かせたら

また 好きだなぁって思う。

 昨日は、表題の曲を聴いて、感涙にむせびました。

これもまた、名曲。

 

感想は、以下、省略。→は?

 

 

かーくんがAmebaTVで話していた

「ブログは、スタッフが書いてる。」

「本は、ゴーストがかいてる。」

「俺は、THE アイドルだから」

って言葉に

全く夢を壊されない不思議。

むしろもう、ゲラゲラ笑ってしまって、

あ~~最高のアイドルを好きになってよかったわあ!って思う不思議。

他の6人が言っても、笑い飛ばせる。

 

そして、SMAPの話をしたときの・・

「メンバーならあの気持ちわかる」

つーーんと胸にくる感情は、なんて言うんだろう・・。

そこにもう、彼らの「すごさ」がつまってて

やっぱりそのつーーんもひっくるめて、

このファン道なんだわよね。

 

ほんと、そこの奥さん!

こんなグループ他にいないから!

たとえ7人に何を言われても

平気だから。

そんじょそこらの何がでてきても、

びくともしない。

 

蛇の道は、snake?

これでいいのよ、アイドル道

迷ってる人がいたら、丁寧に説明したい。

説明がついつい長くなるのは許して。

 

 「Yesterdayと呼ばない」を

しばらく聞いてない方がおられましたら、

ぜひ、聞いてください!!

つーーんしまくるよ!

最高だから!!!

 

今日もとっちらかった記事でごめん。

UPすることが大切なの。笑