読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

千秋楽

『記憶のパズル』の楽日でした。

 

初日から数度見て来て、やはり生の舞台…

 

アドリブ???的なものも入って来て

 

お兄ちゃんも楽日ということもあってか

 

楽しかったぁ!!

 

 

客席から現れて舞台に上がっていく場面では

 

部下役の俳優さんに『踊れ!』だの、

 

劇団四季へ行け!』などと、

 

無茶振りをして

 

なかなか、舞台に上がろうとしない松岡社長。

 

パワハラですよ!』の台詞が

 

そのまんまで、爆笑しちゃったわ。

 

『あ、僕、人妻でないですから!』とか

 

名探偵ポワロに似てますね?』とか

 

ぶち込んでくるお兄ちゃん。

 

 

意外性と、楽しんでる感じが

 

とっても印象に残りました。

 

いいねぇ、舞台って。

 

3時間ほどあった台本を

 

1時間40分に凝縮してるわけで

 

引き算をしていって残った、いや

 

選ばれた言葉の数々。

 

引き算かぁ…

 

グッとこらえて、次の言葉に想いを託す…

 

辛抱と忍耐が必要だぁ…。 

 

 

やっぱり、舞台って最高!

 

 

そして、

 

楽日ならではの、

寂しさと気持ちの盛り上がりは

 

役者さん自身から滲み出ていて

 

『明日からもがんばらなくっちゃ!』なと

 

言葉にならない何かにつながる。

 

久しぶりに、じーーんと…

 

明日からの目標を見失うほどの、

 

胸を打たれた舞台でした。

→え?頑張ろうって思ったんじゃないの??

 

 

俳優さんってすごいね。

 

こんな不思議な気持ちにさせてくれて…

 

日々の困難なことも忘れさせてくれて…

 

あの『時空』だけは、

 

特別なものだもんね。

 

出来ることなら、ずっとあの時空に居たいわ。

 

夢の世界に居たわ、きっと。

 

 

そうそう。

 

あの時、『記憶』を預けた奥さんが

 

三波さん扮する質屋に

 

時計とバックを預けたくだり…

 

どぉして、バックも?ってずっと考えている

んだけど

 

なかなか、閃いて来てくれなくて

 

これまた、楽しい。

 

しばらくじっくり、後味味わおう。

 

 

お兄ちゃん、お疲れ様!