Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

山岡正臣

「記憶のパズル」初日でした。

 

俳優座は、お兄さんが言っていた通り

 

後ろでもちゃんと見えるこじんまりした

 

劇場。

 

入口のお姉さんも、

優しくてドタバタ走ってきた私に

 

優しく案内をしてくれます。

 

ロビーにはお兄さんのファンとおぼしき女性がたくさん。

 

楽しそうに飲んだりお話ししたりしていて

 

みんな、誰もが、兄さんが好きなんだぁ

って思った。

 

お祝いのお花をぐるっと見て…

なんとなく、末っ子を探してしまうのは私だけ?

 

来とらんやないか!

 

 

さて、内容はネタバレになるから、

書きません。

 

が、お兄さんファンの方には

 

たまらない最高の舞台です。

 

初っ端、登場シーンで

 

ふぁぁ!って、なりますよ。

 

きたー!って。

 

劇中、何度も何度も、

 

目をそらさずにはいられないほど

 

カッコよくて、まっすぐな視線です。

 

この前見た「足跡姫」の妻夫木くんは、

 

妻夫木くんが私の方を見ても

→見てません。

 

目をそらさず、全部、隈なく見れたのに、

 

何故だ!?

 

お兄さんのことは…

 

正視できない…

 

HLKを書いてる人だ!とか

華麗にスルーするあの方だ!とか

 

そんなことが頭によぎっては

 

目の前にいるお兄さんが…信じられない感じ。

 

記憶の写真集を見ながら、

本人を見られるという

あの感じ。

 

立ち居振る舞いも、なにもかも

 

想像している兄そのもの。

 

結婚指輪をしているその指も

 

そのもの。

 

お芝居の内容は、ごめんなさい、

正直…

吟味できないほどでした。

 

いつもの観劇なら

 

あーだこーだと、帰りの電車でも反芻するのに…。

 

お兄さんがカッコ良すぎるからだ! 

 

 あんなアラフィフ、あかん!

 

アカン警察逮捕案件!

 

 

なので、今日は、

 

しっかりその世界を

 

味わってきたいと思います。