Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

時間

この間の4人のテレビ出演といい…

 

昨日のかーくんと大沢君のディナーショーといい…

 

時間ってのは

 

すごくすごく大事だね。

 

そして、

 

素直になることも、大事だね。

 

素直になるときに

 

大人になってると

 

本当に素敵な再会になるねぇ。

 

 

超人見知りの私も

 

昨夜は…

 

知り合って3年目にして初めて

 

一緒に夕飯をした人がいる。

→こーゆーこと、多い。

 

3年の間に…

 

お互い、考え方が違うと背いたり、

 

相容れないと思ったり、

 

とはいえ彼女の頑張り屋さんなとこは 

 

尊敬出来るなぁと思ったり…

 

甘い考えしてる!とか

 

なによ!とか

 

って思うこともあったのに

 

でもどこか、

 

気にはなってたのかなぁ。

 

話しはじめたら

 

こだわりなんか一気に飛び越えて

 

そうだよね、こうだよね?

 

あ、そう思ってたの?

 

あ、そうだと思ってたよ…

 

と、互いにすぐに分かる。

 

大人になって、

 

こんな体験が出来るってのは

 

本当に感謝だ。

 

 

 

帰り道…

 

「こんな風に話ができるなんて、

あの頃、思いもしなかったよねぇ」と

 

「話すことなんてないと思ってたぁ。

でも、楽しいね。」

 

 

互いに言葉を選ぶこともやめて…

 

何だか、気持ちがぐっと近くなる。

 

優しくなれる。

 

時間ってのは

 

素晴らしいね。

 

 

 

 

言葉が少なくても…

 

もうそこに、いてくれるだけで

 

そこにみんなの名前が出てきただけで

 

十分あったかくなるね。

 

 

 

きっと…

 

ローラースケートアリーナに、

 

集まったとしても…

 

偶然出会ったとしても…

 

彼らはきっと、

 

多くの言葉もいらないんだろう。

 

 

誰かが、滑り始めたら

 

なんとなくみんな…

 

スピンしたり、

 

バック転したり、

 

フォーメーション確認しはじめたり

 

するんじゃない???

 

きっとそんなもんだよね。

 

理由なんていらないし。

 

認め合っているし。

 

そんな関係性があるってことが

 

グッとくるわぁ。

 

そんな様子をずっと見ていたい。

 

 

仲が悪いとそんなことは超えてる…

 

うん、とっても端的に表してる。

 

かーくんってほんと

 

光GENJIだ。

 

 

とりあえずさぁ…

 

ムラスポさん、

 

念のため…

 

計測してもらえるかしら?

 

いちお、手始めに

 

大沢君のを。

 

ステージに置いたままにした彼のローラー

 

誰が持ってんだろうなぁ…

 

 

とにかく

 

準備するに越したことはなし。

 

まぁ、きっと、

 

あーだこーだ、

 

「これがいいよ!あれもいいよ!」

 

「ストッパーは小さくなったんだよ!」

 

と、「こだわる」あいつが…

 

業者なのか?

 

と思うほど精通してるあいつが…

 

現れそうな気もするから不思議。

→あいつってゆーな。

 

あいつの言うことなら、

 

大沢君も

 

「そーなの?へぇ!

じゃぁ、頼むよ!あっくん!」

 

って、素直に言いそう。  

 

こんな想像も

 

また醍醐味だ。

 

 

こんな気持ちにさせてくれるのが

 

真のアイドルじゃない?

 

私はだから

 

光GENJIこそがアイドルだ!

 

アイドル好きで何が悪い!?

 

と思うのだ!

→毎日言ってる…ウザい。

 

 

楽しい日々を

 

ありがとー!!!

 

あんたたち、最高っす!