Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

都会は。

『この曲、イントロ好きなんだよね〜』

って話してた

『冒険者たち』

あっくんにそう言われてから


動画を再度見て…

ブラコンも見て…

歌詞カードも見る。


ベッドホンだけで聴いてると

どーしても、

あの、デビルが出てくるから。

あのデビルで、歌詞なんて

ろくすっぽ飛んじゃってたから

改めて読むとこれ、いいよね。



たしかに、イントロ…

こんな感じだったんだ。

荘厳な感じ。





コンサートでは、かーくんが、

手を上げて、

ういーんって腰を回すとこが

とってもいいな。

かっこいい。


ブラコンのこの衣裳が妙に好きで

そのあと繰り広げられる

間奏部分も

まー可愛くて。



コンクリートの迷路の出口を探す…


若さが消え去ってしまわないうちに…


都会は、曲がりくねった『ラビリンス』


あぁ、歌詞もイイな。

昭和をとっても感じるけど。

迷宮のアンドローラbyキョンキョン
とか、
ラビリンスって映画もあった。うん。

とってもいいな。

光GENJIに、合ってる。



この曲を聴いてると…

薄々分かってるいろんなゴールも

もしかしたら、

違うかも知れなかったのに!って

思える。

だから、

当時ちゃんとこの曲を、

聴きこんでいたら…

もう少し良かったかもなぁって

ちょっと、

思ってしまった。

もったいないことしたわー。



ブラコンを観つつ…

改めて思うことは…

光GENJIって、仲がいいとか悪いとか

よく言われるけど、

そうゆうことじゃないんだよね

と思ってしまう。


そんなことじゃないのよ。

チームワークがいいんだよ。

仲がいいことと、

チームワークがいいってことは

違うんだよ。

一つの目的に向かって、

とにかくチームワークが良くて、

バランスが絶妙。

だから、

ずっと何度も同じ映像を見てしまうの。

仲がいいだけなんて、

私は嫌だ。

光GENJIは、

このチームワークのよさが

何よりも強みで、

ほんとに、プロフェッショナルなんだ。



それぞれの役目が、

それぞれにあって、

どのメンバーが欠けても成立しない!


あれ?これ?

ヒロくんが言ってた?

ま、いいや。




とにかくさ

冒険者たちって、すごくいい曲ね。

コンサート用に作られたの?

ってくらい

イントロから完璧だし。


残念なのは…

私自身…

若さが過ぎ去って…

しまってから、

この曲の意味が…

大いに分かったこと。

早く言ってよね!


ま、いいんだけどさ。

今から死ぬほど聞くから。

いわゆる、ヘビロテ。

ブックマークに入れました。


つまり、そんな曲…

結構あるんだよなぁ。

じっくり聞いたら…

なにこれ!めっちゃいい!って曲。

そんなんばっかだけど。


ずるいな。うん。

ほんと、沼だわ。