Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

解釈

歌詞の解釈をするのが好きな私は

録画していたビデオを見ていて

思った。

 

別に、自分の解釈が絶対そうだとは思ってはいないけど

へえーーー!そんな解釈あるんだ!って。

誰かの解釈を聞くのは楽しいなあって思った。

 

ユーミンの「白い服、 白い靴」っていう歌なんだけど。

 

ざっくりいうと、

元彼にたまたま地下鉄で会って

懐かしくてちょっと盛り上がって話してたら

来週、会おうよ、ってことになった。

で、その時にきて行く服を何度も選び、

白い服と白い靴を選んだ。

 

でも、当日、

目が覚めたら土砂降りの雨だった。

黙って、服をたたんで、

予定ができた、ってその元彼に電話して、会わなかったっていうお話。

 

私はその心理をなんとなく、雨が降っていたってことで

我に帰ったというか、

服を選ぶまでが一番楽しい瞬間で、

会ってしまっても、後悔するかもしれない・・

なんだか、気だるさも手伝って、

やっぱり会わないでおこう、って思った?と、

長らく思っていたんだけど

 

テレビでは、

雨で、白い服を汚したくない、

今は彼氏がいるし、

雨の中、そこまでして会おうって男じゃなくなったって思った、

という解釈もあって、びっくりした。

 

あ〜〜〜そゆうこともあるんだ!って。

 

 

光GENJIの歌は、

もう解釈さえできないとこにあるし

そのまま受け取ることも多くて

しゃかりきコロンブス」とか、咀嚼しても意味ないし

それはそのままでいいんだ、って思っている。

「THE WINDY」なんて、もう誰が歌えるの?って思うし。

 WINDYって何だよなんて愚問だし。

 

たまに、自分の都合のいいように解釈する歌はあっても

基本的に、メインは7人の彼らだから。

 

彼らに、あまりにストーリー性のある楽曲は、必要ないし

彼らそのものが、いてくれるだけで良いので

存在そのものが、無色透明感であるんだけどね。

そういった意味では、

アイドルの歌を作るって本当に難しよね。

 

でもそれが何もかも、マッチングしていたのは

光GENJIなんだろうな、とは思う。

誰が再現しても、無理なもんは無理なんだよ。

って、やっぱり思うな。うん。

 

誰かの解釈を見聞きしたり、

いや、そんなに咀嚼しないよ、っていうこと自体も

すごく面白い。

 

同じものを好きだったり

見たり聞いたりしても

それぞれに感じるって

面白いよね。

 

なんだか、アツヒロちっくになってきた。

思いの外、今日は春より暑くて

ちょっとつぶやきたくなりました。

 

じゃ!!→何しにきた??

 

 

 

 

 

 

 

 

交差点裸足で踊ったこともある。

時計代わりに付けている朝のテレビ。

流れてきた音楽・・

 

恋したっていいじゃない!

 

あれ・・・これ・・・たしか・・・

1988年か・・。29年前よ。

 

私は光GENIの大ファンで寝ても覚めても、

ポスターに話しかけていた頃だ。

(ただいま、とかおはよう、とか)

 

でも、渡辺美里が歌うこの曲は、

同じ光GENJIファンだった友達(ちなみに淳君ファン)が

渡辺美里はいいよ、っていってダビングしたカセットテープをくれたから

よく聞いていた。

 

だから、光GENJIを聞きつつ、

渡辺美里も聞いていた、という感じ。

 

曲を聞くと、当時のことを思い出す。

渡辺美里の曲なのに、

コンサートで並んでいるところとか、

毎日のように出る雑誌に掲載されたメンバーを見ては

嬉しくて報告し合ったり。しかも電話で。

デュエットという雑誌が創刊されたのも、このころのはずだ。

光GENJIがよく載っていた。

創刊号が売り切れだったからよく覚えている。

某明星とかより小さいサイズ(B5サイズだったかな・・)で

かばんに入れやすかった。

付録のポスターは折り目が多かった。

 

そのじゅんくんファンの友達とは、高校以来合っていないし、

連絡先もわからないけど

どうしているんだろうか・・

彼女は熱狂的で、あらゆるグッズを2つ買っては、

観賞用と、保管用に分けていた。

あれ、どうしちゃたんだろうなあ・・。

メルカリに出したりしたのかな?

いやその前に処分してるだろうなあ・・。

とにかく、彼女の部屋は、笑顔のじゅんくんだらけだった。

 

アイドルが好きだったって子は、当時は多くいたけど

その後、再燃する人ってどのくらいなのだろう。

私は再燃したたちだから、そう思うのかもしれないけど

光GENJIにかぎっては、その再燃率は高いのではないかと思う。

だって、異常すぎる熱量だったんだもの。

あの異常な熱量を思いだしちゃって、

また、燃えちゃうってこともあると思う。

火がつきやすいっていうか。

そして当時分からなかったことも

あれ、あれ、そうだったのか!?みたいな謎解きも見えてくると

離れなくなる。

小人の衣装をたたきつけた紫とか・・

当時思いもしなかったよ・・。そりゃそうかもしれないな、と

今なら理解できる。

 

それに、もれなくセットで

その青春の綺麗な思い出がよみがえってくるんだから

ますます、きらきらしてしまうよね。

 

そんなことを見据えて

そろそろ、ちょっと前にマッチ先輩が出したような

記念セット(マッチにタッチ)を出したもらいたいところだ。

別に再結成はしなくていい。大変だから。

でもさ、まだ、世に出ていないものがたくさんあると思うんだよね。

ちょっとそれも、今だったら消化できる大人だから

あくまでもファンタジーの枠の中で

見せてほしいわ。

 

ポニーキャニオンの契約は、復活できるのだろうか?

ポニーキャニオン以外では、ちょっといやだな。

だってやっぱり、バブルの前のあのころの勢いのまま

ポニーさんからお願いしたいわ。

みんな、元気になるしさ。

さっき話してたんだけど、働き方改革

所属していた人は、

希望があれば、さらりと復活すればいい。

 

売り上げが・・なんて心配無用。

アラフォーは、金を、落とすぞ。うん。

 

 

 

両極ではなく、配分の加減を思考する。

チェルシーは、ヨーグルト派?バター派?

私は、ヨーグルト派です。

めったに甘い飴なんて買わないのだけど、このところ

チェルシーを買って、考え事していることが多くなっていた。

 

充実している(→つまり、日々、暇)時の行動は、

彼らの活動を見聞きして、彼らのリズムに浸り

雨のバス停で傘もささずに、立ち尽くして、

その時の旬メンバーに傘をひょいとかけてもらったり、

 

ある時は、走れパイレーツ!の船に乗り込んで舵をとっているうちに、

水兵さんの衣装を着せられて、デッキで寝込んでいるAっくんに

ただ、近づいて寝顔をみたり、

 

ある時は、金色の衣装を着て、Graduationのさなか、

倒れそうなかーくんに目配せをしてみたりして・・

 

そんなことを、想像して過ごしている。

 

それがまったく出来ない日常が、続いていることに気付いた。

 

私のバロメーター、

そして帰結するアルバムは、ファーストアルバム。

これができない時は、感情的になっている時だ・・って今朝気付いた。

いいか悪いか、で判断しようとしている・・気がした。

 

こんな時は、友達が言ってた

プロブレムを紙に書き出してシュレッダーして

すっきりしてから、

ファーストアルバムをバックミュージックとしてかけ流し

浄化を図らねばならない。

 

余談だけど、一昨日、玉置浩二さんのコンサートに行った時も感じたのだけど

身を削って表現する人見ると、泣ける。

そんな人が、好きなんだなあって思う。

彼らの身の削り方も、尋常じゃなかったもんな・・。

玉置さんの声を聞きながら、

彼らがスタジオから飛び出して、

テレ朝の屋上に滑り込んだ情景を思い出した。

 

カッラカラの私の心と体に

30年以上たっても

同じものを聞くって、本当になんだろうね。

音楽って、すごいわ、って話。笑

 

青い星座の下にて。

6日までですって。

まだの方は、急いでください!申込。

人形のチケットも届いていなのに、

申し込みをせかす某事務所。

私は、自分の心の声に素直になろうと思うので

今回はパスです!!⇒は??

 

さて、週末は、長く車に乗ってドライブしたので

ずっと彼らの曲を流していました。

そこで改めて、感じたことの雑記です。

 

「君の家には電話してあげる」※1ってくだり。

これさ、家に遅くなりますけど、

僕がちゃんと、送っていきますからってことを、

自宅に彼氏が電話するシチュエーションですよね?

 

しなくていいわーーー帰りにくくなるからーー。

もうそれだったら、1人で叱られる方がなんぼかまし!

でも、昭和ってこの感じが普通だったのよね?

疑問にも思わなかったけど、

時代とともにこの意味が分かる人も

少なくなると思う。

でも、あの光GENJIならこのさわやかな感じが

すっと入ってくるな。

 

 

「たとえば今日は誰と会う約束してきたの?」※2ってくだり。

これも、シチュエーションは上記に似ていますけれど、

んなもん、嘘つくに決まってんだろー!

まあ、ばれているんだろうけどさ。

この感覚を、今の若者は分からないだろう。

ちょっと挑戦でもあるこの歌詞を彼らが歌ってしまうことに

別の意味でびっくりした。

 

 

昔はファンのお宅に、アイドルが電話します!

企画がありましたけど

けっこう、お留守だったりもしていたよね?

アポイントとってなかったのかしら?

彼らのラジオでも、ファンのお宅に電話していたけど

誰のファン?かを彼らが聞くところが、好きだった。

いつか、私の家にもかかってくるかな?

何を話してどのタイミングで誰のファンですって言おうか?

って本気で心配していた。

CMの間は、何か話ができるんだろか?とか。

かかってくるわけもないのに・・・。

 

ああ、いい時代だったね。

すっかり「女の子」を脱した世代になりましたが

やっぱり、昔はいいもんだわ。

 

新年度はじまりましたね。

今年はエイプリルフールしなかった兄さん。

それもまた、兄さんらしいな。

 

ほんとに、雑記でした!!

じゃまた!! 

 

※1出典:忘れかけてたMELODY

※2出典:しょーがないよ!

 

 

 

限りない夢は一つくらい

朝起きて、ぼーっと紅茶を飲んで

支度をしていたら

あっくんが「初演出」をするとの情報が舞い込んできました・・。

 

このところ、毎晩、星を眺めながら・・

彼らへの思い出に、寄り添っておりました。

あれだね、考え事するときって、

どうして夜空とか、星とか、月とか見ちゃうんだろうね?

 

そして、なんだか分からないけど

やけに輝く星を見ながら、

あっくんについては、

作詞とか、執筆とか、裏方のお仕事が実は発揮できる部分が

おおいにあるのではないか?と思ったりしておりました。

でも、顔があれだから、封印するのも惜しいんだけど

でも、裏方のほうが、セクシーかもしんないぞ。

 

もっと早く、そっち系のお仕事でも良かったかもしれないけど

でもこれがタイミングというものなんだろうね。

ってことで、

 

初演出おめでとう。

 

やっぱ、あれかな?

スタンド花とか?送る方がいいかしら?

⇒え?観劇はしないのか?

 

ただし、夏のイベントは飛ばさずやってほしい。

「不器用だから、今回は舞台に専念するね!」なんて

「ね!」で片づけられては、

私はいろいろ困るのだ。

言わないように、連絡しなきゃ。⇒は??

万障繰り合わせて、やっていただきたい。

 

限りない夢は一つくらい、叶えるのも

大変だけどさ。

 

背筋伸ばして、がんばって!あっくん!

⇒応援してます。これでも。

 

鍵っ子

「すぐにまた、淋しくなるけど…」

 

Aっくんが久しぶりにポエム。

 

淋しくなる…私は個人的には寂しいの文字の方が好きだが…

→どーでもいい。

 

彼は夏から、いやもっと前から?

宝箱の鍵をかける暇なく、

光GENJIと共に暮らしている。

 

だ、大丈夫なのか??と思ってはいたが

大丈夫なんだろう。

下手すりゃ私の方があっさりしてるかもだ。

 

すぐに淋しくなって、

記憶の宝物を取り出してって、

言葉にできること

素直で、率直だよなぁ。

末っ子長男ってこともあるのだろう。

私はこーゆー感じがなかなか、

さらっと言えないから

言える人が、うらやましい。

 

ちょっと言ってみようかな…

 

寂しいんだけど。

……

……

無理だわー。

やっぱり無理だ。

だって言いだしたら、

すごく、わがままだと思うし。

だから黙って悶々として

突然、バッサリ。→は??

 

でも、「すぐに淋しくなる」って、

名言だと思うわ。

詩を書く才能、あるよね。

だって、すぐに、すぐなんだよ!

 

鍵っ子は…

このくらいがちょうどいいのかも。

チェーンまでかけられるより

鍵しめる暇ない方が、

「見守り隊」としては、

安心する。→は???

 

ところで、

ミキティ、合鍵まで渡しちゃだめだよ!

→渡してません。

 

差が激しいのが光GENJIです。たぶん。

 

 

 

 

しりもち→チャイ

朝起きたら、雪が降っており…

転倒、しりもちに気をつけなきゃと思いました。

しりもちは、体がズレたみたいになって痛いからさぁ。

とっさについた手のひらも

青紫だ。

雪より、アイスバーンが、怖い。

 

しりもちついた時に

そりゃあまぁ見事に

夜ヒット初出演なかーくん並みに

すってん!と、しりもち。

誰も見てないからよかったものの、

まだこんなに足が上がるものなんだ!と

感心した見事な滑りっぷりだった。

 

しりもちは、見ているより衝撃あるから

その瞬間、結構ショックなのよ。

泣きながらローラースケートをトイレに流しに行ったかーくんの気持ちはちょっと分かる。→一緒にすな!!

皆さん、雪は気をつけて。

 

しりもちの心配をありがとう。

 

さて、

しりもちしりとりで…

しりもち……ち…ち…

チャイ!

 

って事で

ここのところ私が

お!うまい!と思ったチャイです。

 

f:id:momochan257:20180202184726j:image

 

スタッセン チャイスパイスティーバッグ

 

良い週末を!

しりもちつくなよ!!