Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

俺の部屋で。

記事は鮮度が命らしい。

だからちょっと、鮮度が落ちないうちに書かないととも思い

連打。

ま、既に記憶が薄くなりつつあるのも本当のところだから。

 

兄さんの『明日の幸福』

幸福はどこからやってくるのか?という、

昭和時代のこれから高度成長期を迎えつつある

家柄のいい家族のお話しだったかと思います。

 

始まる前に頂いたチラシを見ていると・・

後ろ席のおばさまたちが、

「いや!この人、光GENJIの人やって!」

「え?この人?こんな人おったかあ?」

→まあ、そう思われると思います。だってね・・。

「知らんの?ほら、あの渡鬼とかでてたやんか!」

・・・・・・

・・・・・・

それ・・かっちゃんやん!!と言いたかったけど

ぐっとこらえました。

 

 

 

前回の、「愛のお荷物」と共演している俳優さんたちも多いし、

設定もお父さんもお母さんもそのままだし、

息子役だしね。安心して見られる感じでした。

 

兄さんはとにかく、スリム。

前横ななめ、どこから見ても、スリム。

正座しているシーンでは、こんなにまっすぐ線のように座れる人って

なんだろう、って思いました。

パンツの皺がこんな風になるんだなって、ぼんやり見てしまった。

スリムすぎるので心配になるくらいで、

今回は「青汁」誰か作ってないのかなあ、って思いました。

 

声も透き通っているし、あのまんまです。

なんで兄さんは、あのまんまなのか?

なんでこんなにアーガイル柄(緑)が似合うのか?

躓いても、なんでさわやかなのか?

みっちょんを抱き寄せる手が美しいのはなぜか?→とにかく白くて長い!

結婚指輪またしてるけど、色っぽ過ぎるのはなぜか?

アラフィフなのに、息子感全開で、フレッシュで

みっちょんと手をつないでも、キュンとしているのはなぜか?

みっちょんまで、20代に見えてくるから不思議だわ。

世の中のアラフィフとは全く違います。→当たり前だ。

 

あとね、とっても印象的なシーンがあって・・

 

お友達が来て

「俺の部屋でレコーでも聞こう!」と言って部屋に連れていくのだけど、

なんだかそれがね。

友達が来て、レコードを、一緒に部屋聞くって言うのが

すごく育ちがいい感じがして、

これまた兄さんに違和感なくて

ちょっと、それ、

そうやって誘われてみたいってゾクゾクってしました。

この感覚は、レコードとかCDとか買わなくなった世代には、

分かりにくいかもだよなあ・・。

 

朝から並び、4時間ほど・・

座りっぱなしで立ち上がった時には・・

お尻がシートの形になっている!!との錯覚をおぼえましたが

これを毎日こなし、団体行動で、その上、バス移動の一座を思うと

疲労は大変なんじゃないかと思うけど

プロですわなあ・・やっぱり。

 

兄さんの舞台はいつだって、崇高ですほんと。

 

 

 

 

 

 

ヘルメル

東京千秋楽のヘルメルをみてきました。

内容は古典ものなので、

ちょっと苦手ではありましたけども

あっくんが、とにかくカッコよかった。

 

貴族風の衣装は、

さすが!似合う。

あの紐…襟のあたりにある紐…

揺れるたび、

何か懐かしい気持ちになりました。

舞台と客席を往来する場面では、

後頭部から聞こえるあっくんの声に、

 

あっくんに話しかけられたらこんなんか!?

 

と、錯覚を起こすほどの距離で

後ろを振り向くか悩んだ末に、

意を決して、

首をひねってガッツリ見ましたよ。

ええ。

だって、もう二度と、こんなこともないかもって思ったから。

そしたら、私のすぐ後ろの方は、

前を向いたままだったので

私のアホヅラを見られてるんだなぁと思いつつ

頑張って見ました。→え?

それでも構わないと、思った。→え?

 

また、芝居の中では、

あっくんがよく顔を向ける側の席だったので、

傾けるあっくんの顔の美しさ

怒ってる顔、悲しそうな顔、〇〇な顔に

わぁ、やっぱめちゃ整ってあるなぁと

感心しきりでございました。

 

顔の話ししか、してないけど。

ほぼ、それしか見てないかも。

 

ストーリーも追ってはいるものの

好みの衣装と、好みの髪型と、あの顔で

私はそれどころじゃなかったのが本当のところです。

あっくんは、コスプレより

そのままが1番いいと思います!

 

しかし、前方だからなのか?

劇的に寒くて、何かスースーして

膝掛け羽織と、

寒さとの闘いもあり、震えながら見ておりました。

周りの方はそうでもないのか

私が冷え性なのか、

赤い下着でもつけてくれば多少違ったのか?

→赤い下着ってやっぱ温かいらしいよ。

 

東京千秋楽日だったので

カーテンコールでコメントがあり、

お兄さんらしく仕切るあっくんに

ちょっと遠いところにいってるー!

って思ったけど

それは兄さんとか、かーくんのの役割だろ!?

→何かと間違えている。

 

今回のあっくんの雰囲気は、

他のキャストの方とも気持ちも合っていて

穏やかでよかったです。

出来るだけキャストさんに話を振ったり、

きいちゃんを真ん中に!という

礼儀正しさや、

気遣いの人の部分も垣間見え

あ、ほんと、

今日のあっくん最高だなあ、と思いました。

きいちゃんに優しくしてたけど

ハイタッチをしても、

私はちっとも嫉妬心も出なかったくらい

なんて言うんだろ、

素晴らしく『あっくんらしい大人っぽさ』で

ええ子やなぁ、と思いました。

→上から!?

 

そのまま、兄さんの舞台に駆けつけるため

飛行機に飛び乗りましたけど

機内では、あっくんの〇〇を反芻し

楽しいひと時を過ごしました。

 

やっぱり、ええね、

活動するって、素敵だわ。

 

 

 

 

 

ロシアンルーレット

GW最後の日曜日

何してたかっていうと、

中居くんファンと念願の「さつきのショートケーキ」を食べに行きました。

(→さつきつながり、ってわけでもなく、偶然だよ!!びっくり!)

 

今まで生きてきて

初めて納得できたショートケーキだった!!

スポンジと、いちごと、クリームの黄金比率!!

そして、食べたいな、って思うちょうどの量!!

ぜひ、ご賞味あれ!

 

で、まあ、いろいろジャニーズ話をしていたんですね、はい。

→こんなとこですな!

で、本日の彼女との話し合いの中で

行き着いた結論は・・

 

「求めているものは、ぴっちり揃える踊りでも、

上手い歌でも、キメてる視線でも、

今風の衣装でもない。

そうゆうのは、○−POPに任せればいいの。

そうではなくて、ちょっと出遅れてるとか、

ちょっとマイク外れたのに声がするとか、

揃ってないけど慌ててるとか、

何だこの衣装?もっといいもの着せてもらえ!とか、

でも、笑顔で何事もないように踊り続けてるとか、

とにかく、一生懸命が垣間見たいんだよ!!」

 

あ〜〜〜ホント、難しいことひとっつも言ってないのよ。

これなんだよなあ〜〜〜〜

 

 

でね、彼女はとってもいいことも教えてくれました。

ショートケーキは、斜めにフォークを入れていくと

上手に食べれるよ、って。

実際やって見たら、本当にうまく食べられた!!

 

あとさ、あの4日の少クラのロシアンルーレット

一回ずつで終わっちゃったから

ルーレットになってないけど

絶対あっくんが勝つな、って思ったわ〜〜

しかもあの、先についてる風船が

アイドル的な大きさで。

でもその感じがね、

すごく、ジャニーさん臭がして、懐かしいな、って思ったよ。

2周ぐらいしても良かったかなって思うけど。

しかし!

Super5の、あのローラー専用バッグあったんだねーー!!

あれは初めて見たわ!ちょっと興奮!

オークションだしたら、法外な値段がつくぞ!

 

かーくん見て、

あっくん見て、

super5のローラーバッグも見れて、

まずまずの、「さつき」の始まりよ!

 

そういえば、兄さんの舞台、

明日初日だってよ!!→教えてもらった。

さっき日程表見たら

殺人的スケジュールじゃないの!!

たまにショートケーキでも食べて

乗り越えて!!!→は??

 

じゃ!

 

 

 

西の大地

とうとう、今月になっちゃいました。

ええ、私も暦どおりに生きている女です。

 

今月は、兄さんとあっくんの舞台が続きます。

しかも・・この現象は、秋までもつれそうだ。

 

一つインプットされたら、一つ忘れるので、

出来れば直近で公演なんて、もったいなすぎる!

AOMはそこのところ、どうお考えであろうか?

それにしても、貴重なお仕事だというのに!!!→やめろ。

 

いろいろ思っちゃうわ。連日の報道。

もう、充分、聞きたくもない、ってなって辟易してるけど。

だからテレビはつけないようにしてみた連休。

とっても快適だ。

 

だから、明日が休みの日には、DVDを見ている。

どれかのコンサートにいけるよ!ってなったら

どれに行きたいか?などと妄想している。

 

私だったらーーー→聞かれてないけど答えてみよう。

コンサートであおう!もいいんだけど

ブラボーかなあ・・・

いや、卒コンも・・・捨てがたいけど・・・

 

やっぱ、ブラボーかなーーー

 

あの坂道とか、

お股くぐりとか、

見てみたいと思うなあ。

できれば最前列で、かーくんのダイブを受け止めたい。

でも、ビデオになっていないコンサートもあるわけでしょう?

当時、コンサートに行った方、本当にうらやましいわ。

蔵出ししてほしい。

どれかに行ける、ってなったら

当時のファンの方はどれに行きたいんだろうか?

 

あっくんにランキングしてもらう?→やめろ。

 

そういえば、先週とある場所で、

光GENJIのパフォーマンスは、

疾走感、パフォーマンス、引きつけ巻き込む強さを現す、

「しし座の特徴丸ごと出てる!」って話を聞いて

サンプル映像に、パラダイス銀河が出てきて、

どれだけ滑走するかを計測する装置を装着(ややこしい)して

歌う場面が流されたのね。

(たぶん、トップテンかな。)

→これ分かる人にはわかるよね?

 

いやあ、普段1人で光GENJIを見ている分には全く問題ないけど

人前で、急に、不意打ちで、そんなもの出されたら・・

照れてしまって、

まじで、本当、どんな顔していいか分からなくて

もじもじしてしまった。→誰も見てません。

これって、本人たちも、こうなるのかしら?

 

でもそんな場所で見ても、変わりない彼らのパフォーマンスは

「ほらね。」というに、十分すぎる完成度。

 

どこを切り取っても、手抜きしてなかったから

何を出されても、自慢だわ!!

っていうお話。

 

じゃ、また!

 

 

 

 

 

 

素朴に。

あの~~すみません・・・

素朴な疑問、イイデスカ??

 

あの~その~

 

昨日の夕方まで5人で収録って・・

そゆうのって、なんかとっても「違和感」あるんですけど。

 

あの~その~

 

和解しているから?メンバー呼びって・・

そゆうのって、聞くたびに「え?」って思うんですけど。

 

あの~その~

 

翌朝、涙ながらに謝罪するメンバーもいるって・・

恵まれていますよね?

そゆうのって、「痛み」をおぼえちゃうんですけど。

 

普通の人だったら

お仕事にも行けないかと思うし・・

私はまず、

内容云々、とか、それも大事と思うけど

その「違和感」があるのかってことが知りたい

これは、年代の差なのか?

 

「え?なんか、それって、違う感じがする」

っていう感覚が

年々変わり始めている危機感ともいえる。

 

なんだか、おかしいよ、って、忘れないためにも。

 

あえて、素朴に、書いちゃった。

大好きな彼らだけのことを書きたいって思うけど

たまらない気持もあるな。

だって、うちの子たちのビデオにも、ご本人は残っているし。

言及せずにはいれないっていうのが

おせっかいで、暑苦しくて、申し訳ないと思うけど

素直な気持ち。

 

それだけです。はい。

 

 

解釈

歌詞の解釈をするのが好きな私は

録画していたビデオを見ていて

思った。

 

別に、自分の解釈が絶対そうだとは思ってはいないけど

へえーーー!そんな解釈あるんだ!って。

誰かの解釈を聞くのは楽しいなあって思った。

 

ユーミンの「白い服、 白い靴」っていう歌なんだけど。

 

ざっくりいうと、

元彼にたまたま地下鉄で会って

懐かしくてちょっと盛り上がって話してたら

来週、会おうよ、ってことになった。

で、その時にきて行く服を何度も選び、

白い服と白い靴を選んだ。

 

でも、当日、

目が覚めたら土砂降りの雨だった。

黙って、服をたたんで、

予定ができた、ってその元彼に電話して、会わなかったっていうお話。

 

私はその心理をなんとなく、雨が降っていたってことで

我に帰ったというか、

服を選ぶまでが一番楽しい瞬間で、

会ってしまっても、後悔するかもしれない・・

なんだか、気だるさも手伝って、

やっぱり会わないでおこう、って思った?と、

長らく思っていたんだけど

 

テレビでは、

雨で、白い服を汚したくない、

今は彼氏がいるし、

雨の中、そこまでして会おうって男じゃなくなったって思った、

という解釈もあって、びっくりした。

 

あ〜〜〜そゆうこともあるんだ!って。

 

 

光GENJIの歌は、

もう解釈さえできないとこにあるし

そのまま受け取ることも多くて

しゃかりきコロンブス」とか、咀嚼しても意味ないし

それはそのままでいいんだ、って思っている。

「THE WINDY」なんて、もう誰が歌えるの?って思うし。

 WINDYって何だよなんて愚問だし。

 

たまに、自分の都合のいいように解釈する歌はあっても

基本的に、メインは7人の彼らだから。

 

彼らに、あまりにストーリー性のある楽曲は、必要ないし

彼らそのものが、いてくれるだけで良いので

存在そのものが、無色透明感であるんだけどね。

そういった意味では、

アイドルの歌を作るって本当に難しよね。

 

でもそれが何もかも、マッチングしていたのは

光GENJIなんだろうな、とは思う。

誰が再現しても、無理なもんは無理なんだよ。

って、やっぱり思うな。うん。

 

誰かの解釈を見聞きしたり、

いや、そんなに咀嚼しないよ、っていうこと自体も

すごく面白い。

 

同じものを好きだったり

見たり聞いたりしても

それぞれに感じるって

面白いよね。

 

なんだか、アツヒロちっくになってきた。

思いの外、今日は春より暑くて

ちょっとつぶやきたくなりました。

 

じゃ!!→何しにきた??

 

 

 

 

 

 

 

 

交差点裸足で踊ったこともある。

時計代わりに付けている朝のテレビ。

流れてきた音楽・・

 

恋したっていいじゃない!

 

あれ・・・これ・・・たしか・・・

1988年か・・。29年前よ。

 

私は光GENIの大ファンで寝ても覚めても、

ポスターに話しかけていた頃だ。

(ただいま、とかおはよう、とか)

 

でも、渡辺美里が歌うこの曲は、

同じ光GENJIファンだった友達(ちなみに淳君ファン)が

渡辺美里はいいよ、っていってダビングしたカセットテープをくれたから

よく聞いていた。

 

だから、光GENJIを聞きつつ、

渡辺美里も聞いていた、という感じ。

 

曲を聞くと、当時のことを思い出す。

渡辺美里の曲なのに、

コンサートで並んでいるところとか、

毎日のように出る雑誌に掲載されたメンバーを見ては

嬉しくて報告し合ったり。しかも電話で。

デュエットという雑誌が創刊されたのも、このころのはずだ。

光GENJIがよく載っていた。

創刊号が売り切れだったからよく覚えている。

某明星とかより小さいサイズ(B5サイズだったかな・・)で

かばんに入れやすかった。

付録のポスターは折り目が多かった。

 

そのじゅんくんファンの友達とは、高校以来合っていないし、

連絡先もわからないけど

どうしているんだろうか・・

彼女は熱狂的で、あらゆるグッズを2つ買っては、

観賞用と、保管用に分けていた。

あれ、どうしちゃたんだろうなあ・・。

メルカリに出したりしたのかな?

いやその前に処分してるだろうなあ・・。

とにかく、彼女の部屋は、笑顔のじゅんくんだらけだった。

 

アイドルが好きだったって子は、当時は多くいたけど

その後、再燃する人ってどのくらいなのだろう。

私は再燃したたちだから、そう思うのかもしれないけど

光GENJIにかぎっては、その再燃率は高いのではないかと思う。

だって、異常すぎる熱量だったんだもの。

あの異常な熱量を思いだしちゃって、

また、燃えちゃうってこともあると思う。

火がつきやすいっていうか。

そして当時分からなかったことも

あれ、あれ、そうだったのか!?みたいな謎解きも見えてくると

離れなくなる。

小人の衣装をたたきつけた紫とか・・

当時思いもしなかったよ・・。そりゃそうかもしれないな、と

今なら理解できる。

 

それに、もれなくセットで

その青春の綺麗な思い出がよみがえってくるんだから

ますます、きらきらしてしまうよね。

 

そんなことを見据えて

そろそろ、ちょっと前にマッチ先輩が出したような

記念セット(マッチにタッチ)を出したもらいたいところだ。

別に再結成はしなくていい。大変だから。

でもさ、まだ、世に出ていないものがたくさんあると思うんだよね。

ちょっとそれも、今だったら消化できる大人だから

あくまでもファンタジーの枠の中で

見せてほしいわ。

 

ポニーキャニオンの契約は、復活できるのだろうか?

ポニーキャニオン以外では、ちょっといやだな。

だってやっぱり、バブルの前のあのころの勢いのまま

ポニーさんからお願いしたいわ。

みんな、元気になるしさ。

さっき話してたんだけど、働き方改革

所属していた人は、

希望があれば、さらりと復活すればいい。

 

売り上げが・・なんて心配無用。

アラフォーは、金を、落とすぞ。うん。