Maybe Tomorrow

momoの1人部屋…大好きな光GENJIのことを…。

さよならは言わない。

正しいファン道というものがあるならば

きっと私は邪(蛇?)道なのか?

 

『正しい夏休みの過ごし方』というのを

昔は、よく計画させられたけど

その通りに過ごせた日など

1日もなかった記憶。

 計画通りに夏を過ごさなくても、

大人になれるよ。→良い子は真似しないでね。

 

そして、その頃から好きなものってのは

基本的に変わることなく、

基本的に頑固な大人になったわ。

 昔は情報源が雑誌、テレビ、ラジオというツールしかなかったから

そりゃもう、お目当の光GENJI

一言一句で、嬉しくなってたなあ。

レコードだって持ってるのに

ラジオでリクエスト1位になってかかると

なぜか誇らしい。

録音ラジオの前で、悶えてた自分を思い出す。

想像力がたくましくなったのは

光GENJIのせいだわ。

 

今はwebというツールがあるから

毎日更新の、兄の声も聞けるし!

→これは本当に画期的なこと!

 

他のメンバーだってテレビに出て来たりする…

テレビどころか、

かーくん、AmebaTV出てたよね。

 

AmebaTVってどーやって見るの?」

って思ったアラフォー手を挙げてー!

はぁーーい!!

アラフォーは、まだまだ勉強中、青春中です。

 

かーくんありがと!

また1つ、大人になりました。

→もう十分大人や。

 

今は、

思い出と共に、不確かな記憶を

動画サイトで、細かな部分も確認することもできる。

そんな時、

私のファン道ってのは、正解なのか?と思った。

 

光GENJIを大好きなことは間違いないんだけれど、

この頃は、なんだか

本当に好きだってことから、

ちょっとずつ、ずれてやしないかと、

足元を見ることがある。

で不安になりつつ

原点の曲たちを聞いては、

何かを、どこかでストンと落ち着かせたら

また 好きだなぁって思う。

 昨日は、表題の曲を聴いて、感涙にむせびました。

これもまた、名曲。

 

感想は、以下、省略。→は?

 

 

かーくんがAmebaTVで話していた

「ブログは、スタッフが書いてる。」

「本は、ゴーストがかいてる。」

「俺は、THE アイドルだから」

って言葉に

全く夢を壊されない不思議。

むしろもう、ゲラゲラ笑ってしまって、

あ~~最高のアイドルを好きになってよかったわあ!って思う不思議。

他の6人が言っても、笑い飛ばせる。

 

そして、SMAPの話をしたときの・・

「メンバーならあの気持ちわかる」

つーーんと胸にくる感情は、なんて言うんだろう・・。

そこにもう、彼らの「すごさ」がつまってて

やっぱりそのつーーんもひっくるめて、

このファン道なんだわよね。

 

ほんと、そこの奥さん!

こんなグループ他にいないから!

たとえ7人に何を言われても

平気だから。

そんじょそこらの何がでてきても、

びくともしない。

 

蛇の道は、snake?

これでいいのよ、アイドル道

迷ってる人がいたら、丁寧に説明したい。

説明がついつい長くなるのは許して。

 

 「Yesterdayと呼ばない」を

しばらく聞いてない方がおられましたら、

ぜひ、聞いてください!!

つーーんしまくるよ!

最高だから!!!

 

今日もとっちらかった記事でごめん。

UPすることが大切なの。笑

 

逆光線まぶしすぎます。

なぜか・・アクセス数がいつもより多くて・・

こんな過疎地になんで??って思っておりました。

 

ああ・・・なるほど・・・

 

ヨコタカ??!!??

 

は・・行ってないんだわあ・・

 

だから・・

ついでと言ってはなんだけど・・・

 

今日はここにきたついでに、兄さんのwebで感動したことを記しておこう。

 

ユーモア大事!!

 

いやほんとそれ、大事だよね。

 

これがあるのとないのじゃ、気持ちの持ちようが全く違うし

結果だって違ってくるだろうね。

 

いい大人になって、そんなことは分かっているつもりでも

ついつい、悪い方に考えてしまう思考癖は

本当に、体にも心にも良くないわ。

 

ハピラキってたまにこうして、

ハッとするようなことが書いてあるから。

美容と健康に、ハピラキです。

 

そういえば、夏休み返上でハピラキ続行のようだけど

さすがだわーー

 

私なんて、ここ、ずっと夏休みみたいなもんだからサァ・・・

よくあれだけ毎日発信してくれてさ・・

スーパースターってやっぱり、元から違うんだなって思うわ。

 

見習って、

ちょっとは真面目に、やろうかなって思ってます。

→できない人が言うありがち。

 

さて、ユーモアなんだけど。

これまた難しい課題。

さっきスマホで調べたら、

ユーモアを身につけるには、新聞を隅から隅まで読むといいって書いてあったわ。

 

んなアホな!!

 

兄さんが出す課題は、いつも大変レベルが高くて

ちょっとサボった頃に、サクッとお題を出してくるから

ウカウカして生きてらんないわ。

 

きっと、これを一個ずつクリアしたら、

いい女になること間違いなしよ!!

さあ、どうしようかしらね??

 

 

 

 

懐かしそうに夢を語る時間じゃない

星はいつも朝のために。

 

人生の岐路に立つとき??

 迷った時?

 どん底から、ちょっと灯りが差して、

ヨロヨロと立ち上がりかけた時?

 

何故か「PLEASE~荒野のメガロポリス」は、効く。

…気がする。

 

どん底の時にこれはむしろ、聞けないんだよな・・・。

 これは何十年前の曲なんだろう・・と、聞くたび思う。

 聞くたび涙腺を刺激されるので、

注意深く聴くのではあるが・・。

 

涙が出なくなるまで聴き込んでみようか?

と思うのだけど

 いったい、何回聴いたらいいのだろうか??

 

ここ最近、次のまばたきをしてしまったら、

 涙が溢れてしまうからあかん!と思ったポイントは、

 「懐かしそうに夢を語る時間じゃないよ」ってとこでした。

 

はあ、こんな苦しいことを・・・

 でもすぐに、

大事なのは今、これからなんだよって言ってくれている。

 気がします。→私の解釈です。

 

数日後、山手線の中でまた聴いていたら

→これは本当に危険だから二度としない。

→注意深くじゃないじゃない。

 

今度は、「誰か、愛を投げて、夜を止めて」のところで…

 嗚咽しそうになった。

 

夜を止めるられるのは、紛れもなく私だ。

 愛しか救える手段はないと・・・

 追い込んで、這い上がることも時には大切なことだけども

 豊かな愛で、安心と安らぎの中に

 未来は見出せる・・・

背中の羽を風の中で、少し休めて

勇気と希望が湧いてくるまで

 って言われているような気がした・・。

→私の解釈です。

 

 これ聴いても、

もう泣かないよ!って言う方がいらしたら、

 秘訣を教えてください。 

 どこか、涙腺を止めるの顔ツボってないんですかね?

 

二つで一つのこの曲。

飛鳥さんらしい、

一番飛鳥さんらしい楽曲じゃないか、と思うわ。

 

そして、それを表現出来るのは、

 光GENJIしかいなかった…と思うなぁ。

  他のどのアーティストに提供しても、

どのグループに提供しても、

こうも表現できただろうか?って思う。  

 

7人、 

ローラースケートと、 

あのシフォンの水玉模様と、

控えめのフリルの衣装、

 他に誰が、

こんなに美しく世界観を表現できるだろうか・・。

彼らの声もまた、

丁度いい。

 

この楽曲を歌う時の彼らは、

いい顔をしている。

 

あのフォーメショーンを、

 よくもまあ、覚えているのもすごい・・。

 誰も間違えないよね。→当たり前だ。

 

彼らが、一度だって手を抜いているのを

見たことはないんだけれども、

 これに限ってはもう、

完璧すぎて、完成度が高すぎて

 その完成度にも、また泣けるって言う・・・。

 

私この曲を、

 おあばあさんになっても、泣いて聴くような気がする。

 

 年々、涙腺の締まりが弱くて

 「動物と赤ちゃん特集」とか、

 「ジャイアントパンダの赤ちゃんが、保育器の中で寝ているとこ」とか、

 油断していると・・・・ 

 

なのに、

 こんな名曲を、もし、予告なく、

流されたりなんてしたら、

 どうしてくれるんだろうか・・・。

 

その答えも教えてくれることもなく、

去った彼ら・・・

 

無垢すぎるやろう・・・

 

 

でもすっごい名曲を残してくれて、

サンキューだわ。

 

ねえ、Aっくん、

 今年は、この曲をひっさげたハッピーだけど

→言い方おかしい?

 去年の資料を見たら

「淡いブルーの奇跡の中で…」

歌詞が……以下自粛。

 

あ、でも

「PLEASEから始まる荒野のメガロポリスとか!」って

言ってたからさ…

 

 

君は、光GENJIが一番似合うのだ。

 

頼んだわ。→は??

 

だから…

 

今日も私は、朝からわりと元気だ!

熱中症にご用心。

 

 

Cool

とんと使ってないメルアドに一通のメール。

 

迷惑メールかと思ったわ。

 

パソコンからの大量メール拒否設定をしているから

 

それでも届いたメールは 

 

慎重に、慎重にアドレスを確認しました。

 

 

こんにちは   って。

 

 

よく来る○○メールの類かと思ってしまったよ。

 

時代が変わって、メールを開くという動作も

 

今やなかなかしないから

 

『今からメールしますよー』メールが必要かと思います。笑

 

で。

 

なんであっくん、知ってたのかしら。笑

 

どうするのみんな??

 

どうもしたくないって

とこなんだけども。

 

Coolになりたいわ。

 

 

その割には…

 

考えない日はないんだけどさ。

 

辿り着く答えはいつも同じで

 

光GENJIが、好き、なの。

 

 

朝から頭の中でずっと、

 

WINNING RUNのサビから

 

世界の果てまで

 

光GENJIたちがグルグルグルグル

回っているんだけど

 

誰か止めてー。

 

あの衣装好きだわ〜。

 

あれほんと完成されてるわ。

 

あの頃みんなすっごくカッコいいよね。

 

フォーメーションも何もかも

 

熟成されつつあって

 

すごくシングルらしいシングル曲で。

 

画面にはいつも7人がおさまるように

 

振り付けも完璧だわ。

 

『you達、次、F1!』

 

って言ったのかどうかは知らないけど

 

それにしたってなんでも

 

元のテーマさえ忘れるほど

 

光GENJIは、

光GENJIをやりこなしちゃうわね。

 

おじいちゃんの想像を、いつだってはるかに

 

超えちゃうのが光GENJIよ。

 

さて。

 

オーロラの雫を浴びて

迷ったら星に聞くのがいいみたいなんだけど

 

傷つきたくはないわー。

 

うーん。

 

今夜あたり、星に聞いてみようかな。

 

 

今夜、星が出たらね。

 

 

EXシアターにて。

EXシアターには、行ったことあるのに・・

ぼーーっとしていて、なぜか、「乃木坂駅」から行きました。

 

歩いたわーー

 

グーグル先生に案内された道は

 

絶対間違ってたと思うわ!!

 

なんで、あんな階段登らせたのよ!!

 

汗かいて、劇場入りじゃないの!!!

 

 

えーーっと・・

 

こちらに行かれるには、「六本木駅」が最適です。

ええ、ええ、日比谷線をご利用ください。(*当社比)

 

 

って・・感想は??

 

 

え?書かなきゃいけないかなあ・・・。

 

胸に秘めておきたいと思う作品でした。

 

まだ少し日程も残っておりますしね。

 

 

 

休憩時間には、ロビーで多くのファンの方と思しき方がいらして

 

みんな、好きなんだなあ・・ってぼぅーと思って

 

漏れ聞こえてくるお話に、耳を傾けていました。

 

思わずお声をかけてお話ししようかと・・・思いました。

 

なぜだか誰かと、お話ししたい!って思っちゃったんです。

 

 

「あの・・私・・」とお声をかけようとした瞬間・・

 

「後半始まります!座席にお戻りください!」

 

と係りの方に促されたので、

 

一期一会・・・か・・とあきらめて

 

戻りました。→使い方間違ってますね、はい。

 

 

 

私の座席の周りは、ほぼほぼ「J枠」だったと思うのですけども、

 

ちょっと、恥ずかしい・・って思うのは、なんでなんでしょうかね。

 

それは昔も今も、思うのよね。

 

イベントでは、全部J枠だからなのか、

 

あきらめがつくのに、舞台では、つかないのは

 

なんなんでしょうか??

 

 

こうゆう「お出かけ」って行く時が一番ワクワクするもので・・

 

その日も朝から一応、夕方の観劇に向けて

 

体温調整のしやすい服を選んだり、

 

いそいそと準備したよ、一応。

 

早くお兄さんも、次のワクワクを作ってくれないかなあ・・

 

そんな簡単なことではないのは、重々わかっていますけど

 

もうあれから・・4ヶ月よ!!

 

5ヶ月目突入よ!!安定期に入るわよ!!!

→は???

 

いつでもスケジュール、空けますから!!!

 

半期に一度、くらいは、欲しいところです。

 

いそいそさせて欲しいわ。

 

ちょっとくらいなら、汗もかいていいし!!

→この場合は、怒らない。

 

私たちの足腰動くうちに、

 

ほんとお願いしたいわ。

 

 

舞台の感想、どこ行った????

→いつもこうなうなる。

 

 

 

 

 

 

 

三昧

先日、「しゃかりき」の漢字を「釈迦力」だと知りました。

 

勉強になるわあ・・・。

 

イメージだけで捉えていたけど、漢字にするとなるほどねえ・・って。

 

天声人語」を読んでいるようです。

 

受験対策に天声人語!って言われていた世代ですけども・・・

 

確かにあの天声人語、切り取ってノートに貼って、

 

これがまた、微妙な大きさでノートに貼るときは折らなきゃいけなくて・・・

 

糊で貼るか、セロテープか、かくれんぼくんか毎回悩んでたわ。

 

って、そんなことどーでもいいわ!!!

 

受験生に、「ハピラキいいんじゃないか?」って思うほどです。

 

受験生諸君にぜひ、活用してただきたいわ。

 

 

で、このところ比較的落ち着いていた私の「光GENJI」だったのですけども・・

 

思うところありまして、ずっと聞いていたりしていました。

 

私にとっては、全く色褪せない曲。

 

なんなら、常に、新発見のある新曲と言ってもいい。→嘘です。

 

 

 

あ!そういえば、先週の夕方5時ごろ、

 

かーくんが見せてくれた「太陽がいっぱい」ですけども・・

 

みんなのサインが書いてあって、嬉しかったなあ。

 

7人みんなが、書いてるってことが素敵だわ。

 

ほらだって、

 

シャバにいないと、書けないわけですし・・・→やめろ。

 

もうその、「レコード」さえも、今の時代、

 

「あれ、レコードって何?」な時代だというのに

 

7人がちゃんとシャバにいるってことは、

 

当たり前のようで、当たり前でないのかもしれない。

 

光GENJIって本当に居たんだね〜〜〜って今更。

 

そんなことを思いつつ、光GENJIを聞いています。

 

食事中、スピーカーで小さい音量でかけたりしています。

 

ついつい、

 

「これ、今の曲で売り出してもおかしくなくない??」→WINNING RUN

 

「この時代に、すでにラップよ!」→2・5・7

 

「明るいのに悲しいって何!?」→さよならの情熱 および Bye-Bye

 

「歌詞が入ってこん!どうしてもマリオネットが邪魔するの。」→あの日の忘れ物

 

「今だいじ〜〜〜〜!!以下省略。」→IF WORDは信じない

 

だの・・・

 

誰に言うともなく、自分に語りかけています。→末期。

 

そう、光GENJI三昧しています。

 

三昧って・・・仏教語で「さんまい」って読むんですって。

 

雑念を去り没入することによって、対象が正しく捉えられることだって。

 

いわゆる修行?ってことかしら?

 

ってことはつまりよ・・・

 

光GENJI」は修行なわけで。→意味不明および末期。

 

大切なことはやっぱり、光GENJIが教えてくれるわね。

 

 

メンバー7人、みんな、ずっと元気でいてね。

 

そこそこ、ずっと、顔だして生存確認させてね。

 

私より先に死なないでよ〜〜〜。→何の話・・・

 

今夜の独り言を書きなぐっただけ。

 

今日も明日も、私は元気だ!

 

 

 

 

599

お久しぶりのブログを書こうと思います。

 

題名みて、「あ!間違えてるって」思った人!

 

そっちじゃないのであしからずー。

 

久しぶりすぎて、

 

何書いて良いか分かんないけど。

 

何してたの?って、私が聞きたいくらい。

 

ほらでも、某彼も、多忙で一気にまとめて書いてるし。→一緒にすな!

 

しかしなんで、あの企画…

 

ご利用は計画的にしなよ!

 

彼らしいといえば彼らしいが。

 

計画性は、昔からなかったのか??

 

そいや、ジャ◯ーさんに、計画性はなかったな。とゆーことは、忠実な計画だと言うことだ!→やめろ。

 

だからって、私は、

 

シャールを見たり!

 

ベイサイドに行ったり!

 

ってこともなく…

 

何してたの??→てへへ。

 

 

だって…

なんとなく…

その気にならんかった。

ごめんな。

 

ええ、ええ、わりと元気に・・・・

 

いや結構ハードなことも多く・・・

 

変わらず、愛すべき変態活動も継続しつつ。

 

そんな時…

 

降って湧いたように、ここにいいかない?とお誘いを

 

受けたので、迷わず気晴らしも兼ねて登山へ!!

 

 

え?登山??

 

 

このところ紀行番組を観ることが多くなってきた私。

 

以前からそこには興味があったし、何よりメンバーの出身地。

 

「あ、そいや、今こんなにブームになってるのに行ってないなぁ…。」

 

と、行き着いた先はこちら。

 

f:id:momochan257:20170509194854j:image

 

どこでしょう??

 

ヒントは599!

 

そぉかぁ、ここから、通ってたんだなぁとか、→決して山からではない。

 

途中の、ケーブルカーから見える景色に、

 

また、想う病気。

 

ジュンくん、あの頃、2時間くらいかかった??のでは??

 

行きはヨイヨイ帰りは・・・・

 

ほっんと、よく頑張ってたよなぁ!!

 

こんなのんびりした綺麗な空気の元で育ったジュンくん。

 

 彼ら少年達の頑張りは、30年経つともっとジーンときますなあ・・!!

 

あの頃、ジュンくんのファンではなかったし、

 

大人になって、彼らへの愛を再認識するだなんて思わなかったし、

 

この山に、登山に来るなんて思いもしなかったけど

 

どこでどうなるか、わかったもんじゃないなあ・・

 

 

それにしても、高尾山、

 

とても素敵なところです。

 

次は、もうちょっと鍛えて、高尾山口駅から一番ハードなコースで

 

登山してみたいなって思いました。

 

一歩一歩、噛み締めて登りたい・・

→嘘です。そこまで余裕ないっす。

 

ジュンくんファンのあなた!!

と元ジュンくんファンのあなた!!

 

季節は今が一番、オススメです!!

 

 

久しぶりの更新が、登山ネタになるだなんて!!

 

 

これも、光GENJIのせいです。